監視カメラの選び方

最近は防犯の理由から町のいたるところに監視カメラが設置されています。
コンビニやスーパーには必ずといっていいほどありますし、駐車場や路上にも設置されています。

監視カメラがあることによって犯罪を未然に防いだり、犯罪が起こった時に犯人を迅速に見つけることができたりするという利点があります。
監視カメラの性能もよくなり、価格も低価格化してきたので、防犯用に自宅に設置する人も増えてきています。

その際、どんな監視カメラを購入したらいいのか迷ってしまう人も少なくないようです。
一戸建ての家に設置する場合は、どのようなカメラを選べばいいのでしょうか?

個人で購入するのですから、出来るだけコストは押さえたいものですが、性能が悪くなるようでは意味がなくなります。
多少値段が高くなっても夜間対応機能などの、必要最低限な性能があるものを選びましょう。

コンビニやスーパーでよく見かけるカメラの映像をテレビ画面に映し出すタイプのカメラの多くは、値段が安いものの場合録画ができないようになっています。
それでは夜間や留守の時の映像を見ることができないので、できれば録画機能がついたものにしましょう。

録画機能も24時間連続録画できるようなレコーダーは値段が高くなります。
一般家庭の場合、24時間録画の必要はないと思いますので、録画時間が調節できるレコーダーがおすすめです。

レコーダーの中には、センサーと連動していて画像に動きがある時にだけ録画を開始するタイプがあるので、そういったタイプを選ぶといいでしょう。



≪Special Link≫
監視カメラをスマートフォンやタブレットからモニタリング出来るサイトです ⇒ 監視カメラ モニタリング